若林晃一税理士事務所

過去のセミナー

相続・事業承継の基礎知識

令和元年6月26日、鹿沼商工会議所で栃木県中小企業家同友会鹿沼日光支部の6月定例会が行われました。

テーマは「相続・事業承継 ~心の準備をするために、知識の準備をしよう!~」ということで私は事業承継に係る相続税について説明しました。


参加者は経営者の方が多かったのですが、普段法人税や消費税について接する機会はあっても、相続税については触れる機会がないということで相続税はどのように計算されるのかということについて解説しました。

被相続人(亡くなった人)が経営者という前提なので、通常の相続とは異なる論点もあり興味深く聞いていただけた印象です(^○^)

今回は特別企画として、相続診断チェックシートを記入してもらい、相続診断結果シートを作成してお渡ししました。

その後中央税理士法人の小島和之税理士から事業承継の類型についての説明があり、今までの報告や相続診断結果チェックシートについてのディスカッションに入りました。

ディスカッションでは、「不動産は会社で保有すべきか、会社で保有すべきか」「相続が発生した場合、債務はどのようになるのか」など話は具体的な内容にまでおよび、議論白熱でした!

最後に、私から、早いうちから時間をかけて事業承継に取り組むことの重要性、事業承継に取り組む前に現状分析をして全体像を把握することの大切さなどを説明して終了しました。

参加した人からは

「相続税の大まかな仕組みが分かった」
「相続の時にあせらないように時間をかけて準備していきたい」

との声を頂いてうれしい限りです。

機会がありましたら、続編も行いたいですね。


お問い合わせはこちら

PAGE TOP