若林晃一税理士事務所

マネーフォワードクラウド請求書

マネーフォワードクラウド請求書の7つの特徴

マネーフォワードクラウド請求書ではWEB上で請求書を作成できるほか、次の便利な機能があります。


個人的にはマネーフォワードクラウド請求書はマネーフォワードクラウド会計以上に便利さを感じています。

この記事では、私がマネーフォワードクラウド請求書を利用していて便利だと感じている機能について解説します。

プレビュー画面を見ながら作成できます

請求書は次のようなWEB上の画面で作成します。



画面左の入力画面を入力するとリアルタイムに右側のプレビュー画面に反映するので、実際の帳票の出来上がりをイメージしながら作成することができます。

取引先や品目は登録データから選ぶことができるので、実際に入力する箇所はそれほど多くはありません。

価格(単価×数量)、消費税、源泉所得税の計算は自動で行われ、こちらもプレビュー画面にリアルタイムで反映します。

また、印影を事前に登録しておくと、押印された請求書が作成されます。

カラーでプリントアウトすれば押印された請求書がプリントされるので非常に便利な機能です。

納品書、見積書、領収書も請求書と同様にプレビュー画面を見ながら作成することができます。

見積書から請求書に変換することも可能です

見積書を作成している場合は、作成済みの見積書から請求書を作成することができます。

たとえば、次のような見積書の画面で「複製/変換」→「請求書に変換」とクリックすると請求書に変換することが可能であり、請求書作成にあらためて時間をかけることなく作成することができます。


見積書から請求書に変換するだけでなく、1つの見積書データから「見積書→納品書→請求書→領収書」といった変換が可能です。

帳票の代理郵送ができますが、メール送信がおすすめです

マネーフォワードクラウド請求書では、WEB画面の郵送ボタンをクリックすれば、手間のかかる郵送作業(印刷→封入→発送)を代行してくれます。



ただし、郵送には1通あたり170円~180円の費用がかかるので、私は次のメールでの帳票送信を基本的に利用しています。

マネーフォワードクラウド請求書では事前にメール送信定型文を登録しておくことにより、作成した請求書などの帳票を下記のような送信画面から簡単にメールすることができます。



お客様は受信したメールから請求書等をダウンロードすることができます。

請求書等のメール送信機能は郵送する事務が不要となるだけでなく、印刷・郵送料等のコストもかからないので非常にお得です。

マネーフォワードクラウド会計との連携

マネーフォワードクラウド請求書で請求書を作成するとマネーフォワードクラウド会計では自動的に次のような仕訳が作成され、登録をクリックをするだけで売上計上の仕訳入力は完了です。


売掛金は請求先ごとに補助科目が自動的に作成されるので、試算表上で請求先ごとに売掛金の管理を簡単に行うことができます。非常に便利です。

まとめ

マネーフォワードクラウド請求書の主な機能を紹介しましたがいかがでしょうか?

請求書の作成・郵送業務のほか、マネーフォワードクラウド会計との連携により売掛金の発生仕訳の計上や売掛金の管理などが行うことが出来るので間違いなく業務の効率化ができると思います。

当事務所ではマネーフォワードクラウド会計とマネーフォワードクラウド請求書の連携も考慮したマネーフォワードクラウドシリーズの導入をサポートしています。興味のある方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
バックオフィスの業務効率化なら「マネーフォワード クラウド」



若林晃一税理士事務所
〒323-0828
栃木県小山市神山2-5-30
TEL:0285-42-4371
FAX:028-333-1482
E-mail:wakabayashi@syo-kei.jp

PAGE TOP